金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

絵を良くするために壊す

Toyofumi Kaneko | 2016 - 04 - 16

『絵を良くするために壊す』この万能薬が使えるのは、

鉛筆や木炭などの付けたり取ったりする事が出来るデッサンと

油絵の具での制作の最大メリットでもあります。

せっかく描いたものを壊す、消す、のには勇気が要るでしょう。

万事うまく描き進める事が出来れば壊す必要はない訳ですが

ちょっとした観方の過不足や画材の使い方の不注意に気づかず

描き進めた結果好ましく無い状態に陥ることはよくあるはずです。

昨日書いた、『決まった準備や動作』を沢山育んで持っている

巨匠であれば描き方のプロセスが綿密に系統立てられていて

失敗の入り込む隙はありません。

せっかく描いた絵を壊すのは『より良くする為に壊す(消す)』訳ですから

よーく考えた『建設的な壊し方』をしなければなりません。

コンピュータではDeleteすればゼロに戻りますが

絵画制作では0には戻らないところが真骨頂であり秀逸なところです。

上手に絵を壊すことが出来れば、一旦描いた痕跡が味方をして

描きの重厚さや味わい深さを生む手助けをしてくれます。

これが絵をより良くする為の特効薬として作用するわけです。

追伸

制作過程に『絵を壊す』が入ると出来上がる絵は

模写することが出来ない絵となります。

『壊すところ』が曖昧且つ複雑過ぎて再現出来ないからです。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS