金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

近道をしない

Toyofumi Kaneko | 2016 - 06 - 01

昨日書いた才能の話とも関係しますが

近道をしようとしない事はとても大切です。

将来組み上がる真の個性を建物だと考えてみて下さい。

近道をして上を目指すことは、感性が必要とする部材を

手に入れずに建設を急ぐ欠陥工事に相当します。

一般的に才能と思われるものは無い方が有利ですが

決して近道をしない才能は必須です。

追伸

長い道のりには色々な誘惑が待ち構えています。

そんなとき「まあいいか」は厳禁です。

これも近道のヴァリエーションなので気を付けましょう。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS