金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

この思い込みは画材をどこかで見た、聞いた、学んだ、様に

使おうとする事が原因で発生します。

油絵の具はべったり厚く使うものだとか、

混色は何色以上したら汚い色になるとか、

派手な色=綺麗な色と思い込んでいたり、

鉛筆でデッサンする時の筆圧は文字を書くときの通りで工夫が無かったり、

モチーフの寸法を棒で測ろうとしたり、、etc

画材の使い方についての思い込みは、

「一生懸命度」を上げる事で解消されます。

制作に一生懸命になり、気が付いたらこういう使い方をしていた。

これがベストです。

それぞれの画材は、「絵を描くのに都合の良い未完成の発明品だと思ってください」

絵の具や筆やキャンヴァスや紙は皆あなたの絵になる為の未完成品です。

それらを限界使用することで自然にあなたの絵の表現が生まれます。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS