金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

メリットとデメリット、『癖と魅力』

Toyofumi Kaneko | 2016 - 05 - 30

油絵の具は乾燥硬化に時間が掛かる事はデメリットと思われがちですが、

画面の上で絵の具を動かしながら良い表情を探すための時間が

たっぷりあると言う事でもあります。

もし瞬間接着剤並みの速さで乾燥硬化してしまう様であれば

修正の利かない一発決めの制作に縛られることになります。

メリットとデメリットはどちらかだけで存在するものではありません。

或る特質はどう捉えるかにより有利にも不利にもなります。

自分の制作について回るどうしても直せない癖が在ったとき、

それが逆飛躍することで個性を形作る重要パーツとなることは芸術の常です。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS