金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

制作日記をつける

Toyofumi Kaneko | 2012 - 02 - 24

ノートではなくスケッチブックを使用

大きめで薄手の紙のスケッチブックを使うのが良いでしょう。
何も印象に残ることが無かった場合には日付だけになってしまいますがそれだけでも意味があります。疑問に思ったことや、難しいところ、スケッチその他の図、等々スペースの使い方も自由に。ただし紙の裏は使わない事が大切です

数ヶ月、或いは数年後に振り返ってみた時に必ずあなたの役に立ってくれます。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS