金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

美学特講vol.1 『美って何?』

Toyofumi Kaneko | 2016 - 03 - 07

学特講 vol.1 って何?』

とは、二つの要素が響き合って感じられる様子、
またそのバランス関係をいいます。

今あなたはモチーフを前にしているとします。
視野の中にある色々なものの中に、の関係に近い箇所同志があっても
その2か所に注目しなければとして感じる事は出来ないでしょう。
絵の中では大体では無く、ズバリそのものの関係になる様、
ノイズを取り除きモチーフに対して調整を施して描かなければなりません。
さあ、これだけという言葉を使うと
難しいものと思われるかもしれないので
美=いい感じ と置き換えて解釈していただいて構いません。

はい、では最初から

いい感じ学特講 vol.1 いい感じって何?』

いい感じとは、二つの要素が響き合って感じられる様子、
またそのバランス関係をいいます。

今あなたはモチーフを前にしているとします。
視野の中にある色々なものの中に、いい感じの関係に近い箇所同志があっても
その2か所に注目しなければいい感じとして感じる事は出来ないでしょう。
絵の中では大体では無く、ズバリいい感じそのものの関係になる様、
ノイズを取り除きモチーフに対して調整を施して描かなければなりません。
さあ、これだけいい感じいい感じという言葉を使うと
難しいものと思われるかもしれないので
いい感じ=美 と置き換えて解釈していただいて構いません。

人間に限らず、生き物たちは、「美」「いい感じ」に関する
「受容感覚」を生まれながらに持っています。

この感覚を支えるバランス比率が、宇宙の根本原理に関わる代物なのか
ただ単に遺伝子に背負わされた宿命なのかは、未だ今の私には分りません。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS